FC2ブログ

旅と徒然なる日々

ロンドン一人旅 ⑦ ちくわの友

超充実の徒歩観光を終えて、ヘロヘロになりながらホテルに戻ってきました。


夕方5時に友達が迎えに来てくれるから、荷物をピックアップして、


久しぶりに会うんだからあんまりにも疲れた表情もどうかと思い、なんとなく身繕いをしてスタンバイ。


やってきました。 大学の寮のルームメイトの「ちくわ」(仮名)です。


 


「ちくわ」って…?


寮は3人部屋で、名古屋出身の私 「えびふらい」 と、


熊本出身の甘いものが大好きな「まんじゅ」 と、


滋賀出身の「大好物は何?」 と聞いたら「ちくわ」 と即答する稀に見るちくわラバーの「ちくわ」 の3人。


 


寮生活は、普通じゃ考えられない突拍子もない世界だったんだけど、


その話を始めるとあまりにも長くなるのでおいといて、とにかくその3人はなぜかとっても気があって、


結局大学4年間3人で狭い寮の部屋の中で青春を謳歌した友達と言うより家族のような存在です。


私とちくわは寮生活だけでは飽き足らず、インドとケニアを2人で放浪したこともあります。


 


ちくわは、5年くらい前からロンドンで仕事をしていて、いつか私もロンドンに遊びに行くぞと思ってはいたけれども、


それは実現不可能な夢だと思っていた。


それが、今、実現しようとしているのだ!!


「ちくわ~~~!!」 「えびふらい~~~~!!」 と熱くハグしあう2人。


なーんてドラマチックなこともなく、「やあ! 久しぶり~♪」 とまるで先週にでも会ったかのような軽い挨拶で普通に再会。


同窓会なんかに行くと、そのときの時代にタイムスリップして気分は中学生になったりするでしょ? 


それと同じで、1日歩いてフラフラで疲れ切ってしまい思わず実年齢に戻りつつあった私も、ちくわと会ったらまた25歳に戻りました。


「もう一歩たりとも歩けない…」 と思っていたけど、重いスーツケースを転がしてイソイソとちくわの家に向かいます。


 


Dsc00190 ちくわのお家は、ハマースミスという駅からバスに乗って数分のところ。


築10年くらいとロンドンにしたら「新築」の素敵なマンションです。


 


 


 


 


 


 



 


 


Dsc00189 マンションの奥にはテムズ川が。


テムズ川ビューの部屋は高いらしい。


(テムズ川ってそんなに綺麗でもないんだけど…)


 


 


 


 


 


 



 


 


Dsc00188_2 さすがはイギリス。


マンションのちょっとした庭もこんな素敵なイングリッシュガーデンになっています。


ちくわは、ここで素敵なダーリンと一緒に暮らしていて、来年の春には京都の神社で結婚式を挙げるの。 


そんなスイートなお部屋にお邪魔しま~す♪


ちくわの家でも、山のようなお土産披露をしたんだけど、ちくわと会うのはロンドンについて3日目のこと。


「ごめんね、ちくわ持って来れなかった…。 到着した日に会えるんだったら持ってきたけどさ…」

スポンサーサイト



* Category : 2008年夏休み ロンドン

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する