FC2ブログ

旅と徒然なる日々

夢にまで見たユニフォーム

Dsc00395 先週末、念願の野球のユニフォームをいただきました。



ティガーが所属するチームは、5~6年生主体のAチームと、3~4年生主体のBチーム。1~2年生のCチームに分かれています。



3年生のティガーはBチームです。



Bチームには20人いて、一応全員背番号とユニフォームがもらえました。



「背番号授与式」 みたいなのがあって、主将番号の10番から順番に一人ずつ名前が呼ばれ、一言ずつ誓いの言葉を述べ、なかなか感動的な瞬間でした。



この週末は本当はスキーに行くはずだったのですが、ティガーは野球を優先しました。



もちろんこの日に野球を休んでいても、あとからユニフォームはもらえたでしょう。



でも、監督から名前を呼ばれて、背番号を発表されて、みんなの前で決意を述べてから、監督から直接いただくユニフォームと、あとからピランともらうのでは全然価値が違います。



本当にスキーじゃなくて野球に行ってよかったと思います。



ご覧のように「13番」 レギュラーナンバーではありませんが、これから頑張ってレギュラー目指します!!



ユニフォームを持ち帰ったティガー。



嬉しくて嬉しくて 「ちょっと着てみようかな。」 「かっこいい?」 「意外と似合うじゃん?」 とずっと眺めています。



背番号は四角い布で、ユニフォームに自分で縫いつけるのですが、「お母さん、すぐにつけてっ!!」



はいはい、すぐにやりましょう。



背番号を縫いつけたユニフォームをうっとり見つめて、その後ユニフォームを着こんでお勉強を始めました。



ユニフォーム効果か、その日の宿題は全問正解でした★



そんなに嬉しそうなティガーを見ていたら、私まで嬉しくなってしまいました。



野球に関してはちょっとクールに眺めていたのですが、ちょっと熱くなってきたかも…?



頑張れ、ティガー!!



お母さんも応援するよ!!



**********



ユニフォームをもらって感動するティガーを見ていたら、マリリンが4年生のときに初めてトウシューズをもらった時のことを思い出しました。



憧れて、恋い焦がれて、夢にまで見たトウシューズやユニフォーム。



トウシューズも、野球の服も、お店で買うことはできます。



でも、先生や監督からいただくトウシューズやユニフォームは、お金で買うことはできません。(もちろんお金は払いますが…) 自分の努力の結果としてもらえるものなのです。



初めて手にした瞬間の感動を、マリリンもティガーもきっと一生忘れないでしょう。



スポンサーサイト



* Category : 徒然なる日々

* Comment : (4) * Trackback : (0)

子ども時代に何かスポーツに打ち込めるって、とて... * by Coco
子ども時代に何かスポーツに打ち込めるって、とてもいいことですよね。

マリリンちゃんはバレエ、ティガー君は野球。きっと大きくなったらそれがすごく上手で、「おれー、小さい時からやってたんだよ」って話すんでしょうねー(笑) 
↑何をひとりで想像してニヤけているんでしょっ、私(^^;)


みなさん、お母さんもいっしょに参加してますね。役員会もあるんですか?
うちは少林寺拳法でしたか、やはり母親で父母会があり、お母さんたちもみんなで夢中でお手伝いしました。今でも彼女たちはいいお友達で~す♪
えびふらいさんも楽しんでね☆

ティガーの野球チームは上手なお父さん方が監督コ... * by えびふらい
ティガーの野球チームは上手なお父さん方が監督コーチをやっています。
で、ティガーの夢は「お父さんになったらチームのコーチになること」らしいです…

Cocoさんちは少林寺ですか。かっこいいですね。それこそ海外でもウケるんじゃないですか?
「夢中でお手伝い」 そこまではまだ到達できないのですが、きっとそのうちにどっぷりつかっていくのでしょう。そういう自分の変化も楽しみだったりします。

ああ、いいお話ですねえ。 * by パウダーブルー
ああ、いいお話ですねえ。
自分の子供の頃を思い出しましたわ。
中学高校とブラスバンドをやっていたので、
コンクールに出るメンバーに選ばれたときはうれしかったなあ。
寝ても覚めても、試験期間中も、夏休みも冬休みも毎日練習で、
親に旅行やスキーに誘われても当然断ってたと思います。
(そういう家庭じゃなかったですけど)
そう思うと、子供が夢中になれるものを見つけたら、
もう家族旅行に行けなくても「成長の過程だ」と喜ばなきゃいけないのかもしれませんね。

子供の成長とともに、家族でのお出かけも減る。 * by えびふらい
子供の成長とともに、家族でのお出かけも減る。
当たり前のことですが、嬉しいようなさみしいような…?

パウダーブルーさんブラスバンドだったんですね。それもコンクールに出場するような精鋭!
娘にも、中学入ったらブラスバンドやってほしいな~と内心思っています。
私は全くの音楽音痴ですけど、ブラスバンドって文科系でありながら体育会系のような感じですよね。

コメント









管理者にだけ表示を許可する

子ども時代に何かスポーツに打ち込めるって、とて...
子ども時代に何かスポーツに打ち込めるって、とてもいいことですよね。

マリリンちゃんはバレエ、ティガー君は野球。きっと大きくなったらそれがすごく上手で、「おれー、小さい時からやってたんだよ」って話すんでしょうねー(笑) 
↑何をひとりで想像してニヤけているんでしょっ、私(^^;)


みなさん、お母さんもいっしょに参加してますね。役員会もあるんですか?
うちは少林寺拳法でしたか、やはり母親で父母会があり、お母さんたちもみんなで夢中でお手伝いしました。今でも彼女たちはいいお友達で~す♪
えびふらいさんも楽しんでね☆
2009-01-21 * Coco [ 編集 ]

ティガーの野球チームは上手なお父さん方が監督コ...
ティガーの野球チームは上手なお父さん方が監督コーチをやっています。
で、ティガーの夢は「お父さんになったらチームのコーチになること」らしいです…

Cocoさんちは少林寺ですか。かっこいいですね。それこそ海外でもウケるんじゃないですか?
「夢中でお手伝い」 そこまではまだ到達できないのですが、きっとそのうちにどっぷりつかっていくのでしょう。そういう自分の変化も楽しみだったりします。
2009-01-21 * えびふらい [ 編集 ]

ああ、いいお話ですねえ。
ああ、いいお話ですねえ。
自分の子供の頃を思い出しましたわ。
中学高校とブラスバンドをやっていたので、
コンクールに出るメンバーに選ばれたときはうれしかったなあ。
寝ても覚めても、試験期間中も、夏休みも冬休みも毎日練習で、
親に旅行やスキーに誘われても当然断ってたと思います。
(そういう家庭じゃなかったですけど)
そう思うと、子供が夢中になれるものを見つけたら、
もう家族旅行に行けなくても「成長の過程だ」と喜ばなきゃいけないのかもしれませんね。
2009-01-23 * パウダーブルー [ 編集 ]

子供の成長とともに、家族でのお出かけも減る。
子供の成長とともに、家族でのお出かけも減る。
当たり前のことですが、嬉しいようなさみしいような…?

パウダーブルーさんブラスバンドだったんですね。それもコンクールに出場するような精鋭!
娘にも、中学入ったらブラスバンドやってほしいな~と内心思っています。
私は全くの音楽音痴ですけど、ブラスバンドって文科系でありながら体育会系のような感じですよね。
2009-01-23 * えびふらい [ 編集 ]