FC2ブログ

旅と徒然なる日々

北海道⑳ 釧路湿原でカヌー

Dsc02586 この日は午前中は雨が降ったりやんだりっていうお天気でしたが、午後になって曇り空から薄日が差すくらいになってきました。


塘路湖キャンプ場で、


レラさんと待ち合わせ。


めちゃくちゃ張り切ってるティガー。


後ろにいらっしゃるのが、釧路湿原を知り尽くしたレラの福岡さん。


気象予報士の資格もお持ちで、自然に対する愛が溢れ出ています。


釧路湿原には、たくさんのカヌーツアーがあり、その中からレラさんを選んだのは、待ち合わせ時間がちょうどよかったから。


釧路市内に宿泊していれば、朝早いツアーにも参加できるんですけど、我が家は阿寒湖からでしたので、朝早いツアーは無理。


午後のツアーだと、2時や3時集合だと、帰りの飛行機に間に合わない。


1時集合っていうのが、ちょうどよかったんですよね。


HPから申し込んだんですけど、レスポンスも早く、質問にも丁寧に答えてくださり、安心でした。


Dsc02587 







パドルの持ち方、動かし方、注意点などを聞いて、体重バランスなど考えながら乗船。


一番後ろに、福岡さんが乗ります。


椅子があるので、腰が痛くならないし、漕ぎやすいです。


 


 


 


 


 


 


Dsc02591


塘路湖を出発して、釧路川を下り、細岡カヌーポートまでの約2時間のコース。


ほとんど流れのない、鏡のような水面を静かにカヌーは進みます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


Dsc02593 


 


 


 


 


 


 



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


Dsc02597


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 


 


 


 


 


 


 


 


Dsc00749


 


 


 


 


 


 


水の音、鳥のさえずり、風で木がサワサワなる音。


それ以外、なんにも音がない、静かな穏やかな時間が流れていきます。


漕ぐのをやめて、目をつぶって風の音だけを聞いていると、心と体が浄化されていくようです。


他のカヌーにも会わないし、人工物は一切視界にない、静寂の釧路湿原貸切。


至福のカヌーツアー。


 


 


 


 


Dsc00759


途中、唯一目にした人工物。


一日数本だけ走っている釧網線。


ノロッコ号という、観光用列車も走っています。





2時間もカヌーって、疲れるかなぁ、飽きるかなぁ、なーんて思っていましたが、あっと言う間で


「あと1時間追加お願いします!」って言いたいくらい、もっともっとカヌーに身を任せて釧路湿原を巡りたかったです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 


Dsc02599


 


本当に楽しい大満足のカヌーツアーでした。


釧路湿原に行かれる方は、ぜひ体験してみてください。


 


 


 

スポンサーサイト



* Category : 2012年夏休み 北海道キャンピングカー

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する