FC2ブログ

旅と徒然なる日々

オーロラを見たい!

多分、多くの人が



「一生に一度はオーロラ見てみたい!」



って思っているんじゃないでしょうか。



我が家も、いつかはオーロラ、見に行きたいな~ と漠然と思ってはいました。



でも、オーロラって遠くて寒いところに行かないと見られないし、なんだかものすごく大変なことのように思えて



実際に行くことはないだろうな~と思っていました。





ある日NHK特集でオーロラが取り上げられまして、食い入るように見たわけです。



オーロラがどのように発生するのか、



なぜ北極南極圏あたりで発生するのか



その光の性質



などなどNHKらしい美しいCGで細かく説明してくれました。



その中でとても興味をひかれたのが



「太陽の黒点の周期が11年で、今年がオーロラが発生しやすい 11年に一度の当たり年である」



「今後、太陽の休眠期に入るため、しばらくはオーロラは見られなくなるかもしれない。



もしかしたら、次に見られるのは65年後くらいになるかもしれない。」



ええ~~~?



なんですって~~~?



65年後なんて、もう私も夫も生きてないじゃん?



もしかしたら、オーロラ見られるのは今年が最後かもしれないんでしょ?



しかも、今年はオーロラ大当たり年なんでしょ?



オーロラ、いつ見に行くの?



今でしょ!!!


ってことでオーロラを見に行くことは決まりました。



でも、それが決まったのは、1月の半ば過ぎていて、かなり出遅れた感じでした…。




で、じゃあ、どこでオーロラを見るのか?



一般的には、「北欧」 「アラスカ」 「カナダ」 となります。



最初は、北欧のスウェーデンにある「アイスホテル」に泊まってみたくて、北欧から調べてみました。



しかし、アイスホテルはあまりにも人気がありすぎて、いまさら予約なんて無理だということがわかりました。



スウェーデンじゃなくても、フィンランドならサンタクロースと会ったり、かわいい雑貨を買ったりと、いろいろとお楽しみもありそうだな~と思ったのですが、肝心のオーロラの鑑賞率が低いんですよ。



海流の影響で北緯にしては暖かいのはいいのですが、その分曇りも多くて、オーロラと出会える確率が低いんだって。



それに、北欧の場合は、ホテルの敷地から空見上げてみてね、見えるかもよ、って感じで



どちらかというと、北欧観光して、オーロラも見えたらラッキーって感じなのかもしれません。




我が家はとにかくオーロラ一筋だったので、北欧は却下。





やっぱり世界で一番オーロラと出会える場所は、カナダのイエローナイフってことで、落ち着きました。



で、どうやってイエローナイフまで行くか、ですが、



イエローナイフには、オーロラヴィレッジというオーロラ鑑賞施設があります。



そこのホテルとオーロラ鑑賞のパッケージをとって、飛行機は別で押さえればOKなんですよ。



ところが、希望の日程でフライトはすべて満席。



しかも、仮にフライト取ることができたとしても、燃料サーチャージがなんと1人8万円近くて、飛行機代だけで20万円を軽く超えてしまうということがわかり、断念。



そこで、切り札は、パッケージツアー。



JTB,近ツー、HIS,いろんなツアーパンフを集めて、その中で一番我が家の日程に合うツアーを探しました。



で、最終的に決定したのが、



HIS の impresso 添乗員さん付きのツアー。





団体ツアーも初めてなら、添乗員さん付のツアーなんて初めてです。



実はちょっと抵抗もあったのですが、これしか空いてなかったの。



でも、このツアーが一番我が家の日程にも合い、内容も盛りだくさんで、添乗員さん付いているにも関わらず値段も安かったんですよ。



というわけで、



『HIS impresso 安心の頼れる添乗員同行の旅



夜空の彩り イエローナイフオーロラ紀行 5日間』



こちらで、オーロラハンティングに行くことになりました。





スポンサーサイト



* Category : 2013年春休み カナダイエローナイフ

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する