FC2ブログ

旅と徒然なる日々

イエローナイフオーロラ紀行⑤ 明け方ホテルに帰る

Dsc01101 オーロラ鑑賞は、夜の22:15ロビー集合。



オーロラヴィレッジまでバスで30分。



実際の鑑賞時間は、23:00~26:30 (夜中の2:30)



さらに延長をすると、~28:00(明け方の4:00)


ホテルに帰ってくるのは朝の5時近くになります。



途中で、スープとパンの夜食をいただきますが、やっぱり小腹が減るのよ。



明け方にホテルの部屋で食べるカップ麺はおいしい!



寒かったので、暖かくて塩分の効いたラーメンは体に染みわたります。





Dsc01103_2 部屋には、こんな小型のコーヒーメーカがあるので、お湯を沸かせます。



といっても、カップ一杯分ずつしか沸かせないので、2回にわけてお湯をカップ麺に投入しないといけないんですけどね。



それに、このコーヒーメーカー、なんだか接続が悪くて、



すぐにご機嫌斜めで動かなくなっちゃいます。

















Img013 



こちら、男子部屋。



右側の電気スタンドの奥にテレビがあって、テレビの前にカップ麺が山積みになっております。



ラ王 ・ 讃岐うどん ・ 焼きそばUFO





それぞれ4食ずつ持参。



ラ王はちょっとかさ張りましたが、おいしいので頑張って詰め込みました。





5時前にホテルに帰ってきて、重たい防寒具を脱いで、バスタブにお湯ためてゆっくりと体温めて、カップ麺食べて、



朝の6時ごろに就寝。



そして、昼までお休みなさ~い。




カナダのオーロラ鑑賞は、時差ボケのまますごせるのが体に優しくていいですね。



イエローナイフの朝6時から昼の1時まで寝るとして、それって、日本時間の夜9時から朝の4時まで寝るってことです。



オーロラ鑑賞は 夜の10時から明け方の4時まで。 日本時間だと昼の1時から夜の7時。



一番目が覚める活動時間ですよね。



私は通常朝5時に起きますので、イエローナイフの昼の1時(日本時間の朝4時)に起きるのはいつもと同じ感じ。



子どもたちはなかなか起きなくて、ちょっとしんどいけれども、とにかく時差ボケのまんま過ごせるので



オーロラも心置きなく楽しめるし、日本に帰ってきてからもラクちんです。







スポンサーサイト



* Category : 2013年春休み カナダイエローナイフ

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する