FC2ブログ

旅と徒然なる日々

宮古島⑦ 八重干瀬シュノーケリング 続き

Dsc01408 ランチの後は、「バラス島」に上陸です!


「バラス島」とは、台風などで貝やサンゴが波や風によって一か所に集まってきてできる


「幻の島」です。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


Dsc01411 青く透明な海の中に、真っ白な島がぽっかりと。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 




Dsc01418 上陸してみました。


貝やサンゴがかなり大きい状態でゴロゴロしているので、裸足だと痛くて歩けません。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 




Dsc01419 バラス島に座って、海を眺めてるだけで幸せ。



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 




Dsc01423 このあたりもサンゴが元気です。



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 



Dsc01427


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



Dsc01435



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 


 


Dsc01436 魚はあんまりいないのですが、とにかくサンゴを楽しむ八重干瀬です。




 


 


 


 


 


 


 


 


 


 




Dsc01432 余裕のピースのマリリン。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 





Dsc01431 ティガーも、この日の最初のうちはバタバタしてる割には足ヒレは水上だったりしていましたが、午後にはかなり潜れるようになりました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


Dsc01430_2 潜れるようになると、楽しくて仕方ないんでしょうね。


シュノーケリングくわえてるのに、


水の中なのに、


笑顔のティガー。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


Dsc01439 スタッフさんが見せてくれた


ハリセンボン。


 


 


 


 


 


 



 


 


 


 


 


Dsc01442 めちゃくちゃ楽しかった八重干瀬シュノーケリング。


船に上がると、おやつまで出てきました。


甘いフルーツポンチが嬉しい。


 



マーレクルーズのスタッフは、


キャプテンとシュノーケリングガイドさんが3人。


こういう海のアクティビティのスタッフって、元気でノリが良くてお調子者タイプの方が多いような気がするんですけど、マーレクルーズのスタッフは、礼儀正しく、穏やかでのんびりしてて、多くは語らず、優しく見守るって感じです。


まさに癒し系のシュノーケリングですね。


 


 


 


 


Dsc01440 


八重干瀬、ほんとに素晴らしかったです。


ダイビング用の深いポイントもあるのでしょうが、全体的に浅いのでシュノーケリングで十分。


というか、シュノーケリングの方が心地よく楽しめると思います。


八重干瀬もかなりサンゴが死んでいて、オニヒトデも大量発生しているようです。


こんな美しいサンゴの海、ずっと残していきたいですね。

スポンサーサイト



* Category : 2013年夏休み 宮古島

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する