FC2ブログ

旅と徒然なる日々

小海リエックスホテル

Dsc00171 泊まったお部屋は、


4人1部屋宿泊可能な、メゾネットタイプ。


こちらが一階のベッド。


 


 


 


 


 


 



 


 


 


Dsc00172 で、ベッドから反対側を見ると、ちょっとしたテーブルセットがあって、その奥にテレビ。



テレビ、めちゃくちゃ遠くてベッドから見えないんですけど…。


 


 


 


 


 


 




 


 


Dsc00170 で、細い階段を上ると


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 


 


Dsc00169 2階のベッドルーム。



なんか、隠れ家風でテンション上がります。


子どもたちも


「オレ、2階、奥のベッド!!」


などと舞い上がっていたのですが…。




 


 




実は、この2階のベッドルーム、めちゃくちゃ暑いんです。


というのも、奥のベッドの左側に見える白いボックスはエアコンで、奥のベッドに寝ると、直接温風が吹き付けてくるのです。


設定を「低」にしても、2階は暑いし、異常なまでに乾燥しているし、とても眠れない…。



一階も天井が斜めで圧迫感があり、 細長い部屋のため、ベッドからテレビが遠いし、結果的には、あんまりいい部屋ではありませんでした…。






Dsc00174 


 


食事はビュッフェ。


 


お客さんが少ないので閑散としています。


お味はいまひとつ…


ですが、種類は多くて、意外と楽しめます。


 


 



 


 


 


Dsc00175

しかし、特筆すべきは、ケーキの充実度!!


というのは、小海リエックス、シャトレーゼが経営してるんですよ。


だから、シャトレーゼのケーキがズラリと並んでるの!!



ティガーは、3個ケーキ食べるつもりだったのに、食事でお腹一杯になってしまい、一個しか食べられず、無念…。









Dsc00176 



温泉もとっても良かったです。


ただ、ちょっと離れているので、外を歩かないといけないのよね。



こんなビニールで覆われた通路を歩いていきます。


 


 


 


 


 



 


 


 


 


 


Dsc00188


ここから先のお風呂の写真は、翌日のスキー終わってから、誰もいなかったときに撮りました。



バスタオルとフェイスタオルは受け付けで貸してくれます。



脱衣所もきれいで、ロッカーに鍵もかかって安心。



 





Dsc00187 檜の内風呂


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 


 


Dsc00185 雪見の露天風呂。


 


こちらは岩風呂ですが、もう一つは檜だったかな。


一日ずつ男女交代にしているみたいです。


 


 


 


 



 


 


 


 


Dsc00177
そして、嬉しいのが、お風呂上りのアイス。


 


 


 


 


 


 


 


 



 


 


 


 


Dsc00178 無料です!!


さすが、シャトレーゼ♪







インドアテニスコートやプールもあるので、それも楽しみにしていたのですが、なにしろ、私以外、家族全員半病人状態でしたら、それどころじゃありませんでした…。





 


 


小海リエックスホテル、できたのは、バブルのころで、


その頃は、こんな山の中にこんな豪華なホテルが!!


って評判でしたが、4半世紀以上たって、古くてあか抜けない印象…。


どのインターからも1時間かかるのも、厳しいですね。



スキーのプレシーズンだったので、お客さん、何組泊まってるんだろ?


って感じの、あまりにも寂しい印象でしたが、スキーシーズン本番になると


結構いっぱいなのかな。


そうだといいな。


 

スポンサーサイト



* Category : スキー

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する