FC2ブログ

旅と徒然なる日々

通訳案内士☆リベンジ二次試験

一次試験合格の翌年のみ、一次試験免除で再度二次試験受験できます。

なので、今年は絶対に合格したい!


去年、独学では無理だということがわかったので
(もちろんほとんどの方が独学でやってらっしゃると思うのですが、私には無理…)
今年はスクールに通うことにしました。


逐次通訳5回
プレゼン10回のコース

逐次通訳の授業では、メモの取り方や
長い文章への食らいつき方、
回りくどい日本語をいかにシンプルな英語にするか、
など、いろいろなテクニックを学びました。

いろんな日本語の文章を自分で読んで
スマホのボイスレコーダーに録音して
メモを取る特訓と、もちろん英訳を何度も何度も繰り返し、とにかく練習しました。


プレゼンの授業は、
地理、気候、文化、歴史、ポップカルチャー、時事問題などなど日本について多岐に渡っていて、
最初はなんとなーく勉強のために聞いていたのですが、
あまりにも自分が知らないことばかりで、いろんなことが目からウロコで
楽しくて楽しくて、
前のめりになってきいていました。


日本において、神道がいかに大切か
稲作が日本人の心と体と共同体を支えているか、
祭はなんのためにあるのか
日本食はなぜ美しいのか

とにかく、今まで知らなかった日本について、知れば知るほど、
日本ってこんなにも奥深くて、美しい国なんだ、と実感したんです。


そういう裏付けがあるから、プレゼンも内容が深くなるし、説得力も持つ用になるんですね。


もちろん、試験のためのテクニックも教えてくれます。

例えば、
去年ならバラバラに暗記しようとしていたけど、

お正月
おせち料理
初詣

これらは結局全部同じところに結びつけられます。


邪気
節分
恵方巻き

これも、結局全部同じ内容。

私の場合は、歴史が特に苦手なので
3枚のカード全てが歴史ということはないので、歴史は選ばない!と決めて
他2枚で勝負しようと、
必死で練習しました。

お題を決めて
2分タイマーかけて、何パターンも話してみる。

最後の方は、喉がカラカラになるまで
とにかく話す。

私は緊張すると早口になるので
ゆっくり話す。

緊張すると怖い顔になるので
笑顔で話す。

そんなことを繰り返していたら、
今年勉強始めたころは、「今年も無理…」と思っていたのが
「できる気がする!」と自信がついてきました。
スポンサーサイト



* Category : 徒然なる日々

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する