FC2ブログ

旅と徒然なる日々

ラスベガス旅行記 ③ ベラージオ

Dsc00649






ラスベガスのお泊りは 


『Bellagio』 


ラスベガスには、ファミリー向け、高級志向、アミューズメント盛りだくさん


などなど、本当にたくさんの素敵なホテルがあります。


その中でも、やはり、ベラージオは最高級ホテルの1つであり、街の中心にあり、ラスベガスのランドマーク的なホテルであることは間違いないでしょう。




Dsc00605_2




美しいガラス細工が天井を飾るロビー。



ものすごい大勢の人でごった返しています。


 


この人だかりの奥は、すぐカジノです。


 


 


 


Dsc00606



チェックインカウンターも、たくさんオープンしているのですが、列がよくわからない。


「一列並び」にしてくれたらいいのに…


と思いながら並んでいると、強気でいないと、次々と抜かされちゃったりします。


 


 


 


 



Dsc00615



無事チェックインを済ませ、


部屋に向かいます。


自分でスーツケースはゴロゴロと押していきます。




お花がきれいな中庭、といっても屋内ですが、を見ながらゲストエレベーターに向かいます。



めちゃくちゃ遠いんだ。


一本道なんだけど、くねくね曲がっているので、本当にこれで大丈夫なの?


と不安が募るころ、やっとエレベーターに到着。


エレベーターホールでは、セキュリティにキーカードを見せます。



Dsc00661



エレベーターを降りると、長い長い廊下がどこまでも続いています。


 


私たちの部屋は、エレベーターの近くでした。


良かった…。





Dsc00610



さあ、どんなお部屋でしょう。


 




逆行で見えづらいですが、父が手をかけているのがサイドボード。


ここに、引き出しや、冷蔵庫などがあり、サイドボードの上にテレビが壁にかかっています。

その奥にはゆったりとした1人掛けのソファが2つ。



ラスベガスのホテルで、部屋に冷蔵庫があるホテルは珍しいです。


とにかく、部屋の設備は最小限にして、カジノに来い!! っていうのが基本ですから。


この部屋の冷蔵庫は、自分が持ってきたものを冷やすスペースはありません。


飲み物はちょっとでも動かすと、自動的にチャージされるようになっていますので


ご注意を。


同じ理屈で、コーヒーメーカーもありません。





Dsc00609



大きなベッドが2台。



かなり高さがあるので、よじ登る感じ。


落ちたら怪我しそうなくらい。

エクストラベッドを入れてもらうこともできますが、35ドルも取られます。


ベッドが大きいので、私と母が2人で一緒に寝ても余裕です。



Dsc00613



バスルームも広々。


 


洗面台は2ボール。


鏡の楕円形の部分は、照明が付きます。




Dsc00611



シャワールーム。


水圧も温度もばっちり。












 



 


 


Dsc00612


シャワールームの反対側にバスタブ。


深くて広くて、脚を伸ばして肩までゆっくりとお湯につかれます。







バスルームはとても使い勝手が良かったです。


ただ、ドライヤーのコンセントのコードが異常に短いの。


長いと、普通に使えてしまうので、カジノで負けた腹いせに持って帰ってしまう人がいるからなのかもしれませんが、それにしても、コードが短い!!







さあ、気になるのは部屋からの眺めです。


 


だって


「デラックス・ファウンテン・ビュー・ルーム」


にしたんですから、デラックスに噴水が見えるんでしょ???




と思って、カーテンをカーテンを開けようと思っても、開かない。


なぜ…?


と思ったら、ベッドサイドの壁に 自動で開けるスイッチがありました。



Dsc00608_2



さあ来い!!


デラックスな噴水ビュー!!




と思ったら、あらら? 駐車場ビューじゃん?


ちなみに、これは、16階の 「Delux Fountain View Room」





Dsc00607



でも、よく見たら、奥に湖が見えました。















 


Dsc00614


 


で、噴水ショーが始まると、どどーんとこんな感じ♪

















 


 



テレビで、現在の噴水ショーの音楽が流れるので、音楽に合わせて踊る噴水ショーを部屋で楽しむことができます。


うん、この部屋にしてよかった!



部屋があまりにも居心地がいいので、出たくなくなっちゃいます。


でも、ちょっと休憩したら街へ繰り出します。


部屋からも見えてる、世界最大の観覧車、High Rollerに向かいます!!


 


 

スポンサーサイト



* Category : 2014年6月 ラスベガス&グランドサークル

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する