FC2ブログ

旅と徒然なる日々

ラスベガス旅行記 ⑤ ホテル巡りと 「O」

ベラージオのベッドはとっても気持ちいい!


 


マットレスの固さもちょうどいいし、大きいので、2人で寝ても広々。


ベッドリネンが肌さわりよくてね~。


パリッとしているんだけど、つるつるさらさら。


良く眠れました。


母に


「そろそろ起きない~?」


と起こされたのが、なんと 8時半。


時差ボケで目が覚めるかと思っていたのに、朝まで爆睡してました~!


Dsc00643 


朝ごはんをゆっくりと食べられるのは、実はこの日だけなので、


ホテルのバッフェにいってみました。


ベラージオのバッフェは評判良いので楽しみです。


 


 


 


 


 



 


Dsc00644


9時前に行ったら、待ち時間なく、すぐに入店できました。



テーブルに案内されると、飲み物を聞かれます。


コーヒーや紅茶、ジュース類は、店員さんが持ってきてくれます。



 


 


 


 


Dsc00645


ウワサには聞いていた巨大バッフェ。


あまりにも種類が多すぎて、どれを取ったらいいか迷っちゃいます。



和食っぽいコーナーもあって、お粥やお味噌汁もありました。


ただし、お味噌汁は、出汁が足らない分、味噌大目、って感じで、しょっぱくておいしくなかったけど…。



朝昼兼用のごはんにすべく、ここでたくさん食べて、今から出かけるエネルギーをチャージします。


10時ごろに店を出るときには、お店の前には長蛇の列ができておりました。


みなさん、遅めなのね。


9時前に行けば、並ばないで入れますよ~。


 



Dsc00646ヒマワリも咲いている中庭で写真撮影などをして、


いよいよ、ラスベガスの街に繰り出します。



 


 


 


 


 


 


 



 


Dsc00649


ベラージオの正面玄関を出て、右の方に降りていくと、ストリップという大通りに出ます。


そこまででもかなり遠いです(汗)






で、通りにでたすぐ右手のところに、Dues というバスのバス停があります。


今日は、このDues に乗って、ラスベガス観光をします。









Dues のチケットは、バス停にある自動販売機 (24時間有効 $8)


で買うのですが、この販売機のデキが悪すぎるんだ。




お札を入れるところには、「$1・$5・$10・$20」 って書いてあるから、


その4種類のお札を受け付けてもらえるわけですよね。


しかし、その横には 「Exact Change Only」 


つまり、「おつりは出ません」

しかも、3人分まとめて買う、というようなボタンもありません。



要するに、$10と$20は使えないわけです。


使ってもいいのよ、おつり要らないならね。


$5も入れても跳ね返されちゃうし、ちょっとでもしおれてるお札も受け付けてくれない。

「新品の1ドル札のみ受け付けます」


って書いといてくれなきゃ~!!!


 


みんな、機械の前でイライラして、必死にチケット買ってるの。


私たちも、手持ちの1ドル札を24枚かき集めて、やっとの思いでチケット3枚ゲットよ。

ああ、アメリカっぽいおおざっぱな機械だわ…。



苦労して購入したチケットを握りしめて、いざDues乗車です。

チケットは入口でスワイプしてね。



ストリップは南北に走っていて、まずは南に向かってみます。


 


右手に、ニューヨーク・ニューヨーク、 エクスカリバー、 ルクソールなど、


個性豊かなド派手なホテルが現れて感心することしきり。


バスの中から、ホテルの写真を撮って行こうと思っていたのに、


バスは派手なラッピングを施されているので、くっきりとは見えないの…。


残念…。



最南端のマンダレイベイでバスを降ります。


 


Dsc00650


せっかくだからマンダレイベイの中の様子を見てみよう、と歩き始めましたが、ホテルの敷地にいるにもかかわらず、行けども行けどもホテルのエントランスにたどりつけません。


 


川が流れていて、滝が涼しげですが、ものすごく暑いです。


やっとの思いで、ホテルに入りましたが、やはり、中心から離れたところにあるせいか、館内は閑散とした印象。


 


朝からカジノも盛況、ロビーが人でごった返しているベラージオとは違います。




 


 


Dsc00651 マンダレイベイからは無料のトラムで、ルクソールとエクスカリバーに行けます。
ということで、トラムでエクスカリバーへ。


小人のお家みたいです。



















 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


Dsc00653


エクスカリバーの道挟んで反対側には


ニューヨーク・ニューヨーク



まるでセットのようです。




今度はバスに乗って、北上します。


MGM側に道路を渡って、バスに乗車。


サーカス・サーカスで降ります。


このあたり、暑くて疲れて、写真撮ってないのね…。


サーカス・サーカスでは、1時間おきくらいに無料のショーをやっています。


私たちのときは、「シルク」 というショーで、天井からつりさげられた布を使って


空中アクロバットのようなことをやっていました。


無料にしてはかなりしっかりしたショーです。


 


サーカス・サーカスは、かなり場末感漂うホテルでございました…。




Dsc00655



サーカス・サーカスからバスに乗って、フォーラム・ショップス


 


というショッピングセンターへ。







 


 


 


 


 


Dsc00656


ここでも、一時間おきに無料ショーやってます。


 


ショッピングセンターの一番奥。


屋内だというのに、炎も出るし、結構本格的です。












Dsc00657


息子のティガーから、お土産に財布を頼まれていたので、探してみましたが、これといっていいのがなく、疲れたしお腹もすきました。


 


軽く何か食べたいな~


 


と思っていたら、ショッピングセンターの1階に 『Joe’s』 を発見!!


 


『Joe’s』 といえば、フロリダのストーンクラブの名店。


 


以前、フロリダで食べておいしかったし、日本では食べられないし、


 


小腹を満たすにはちょうどいい、ってことで、こちらでストーンクラブをいただきました。

ストーンクラブの旬ではないので、冷凍だったのでしょう。


 


ちょっと水っぽかったけど、でもおいしかったわ♪




 


こうして、ラスベガスのホテル巡りは終了。


 


日本人の常識を覆す、はりぼて感満載の派手派手なホテルは見てるだけで楽しいね。






夜は、ラスベガスのメインイベント 『O』 鑑賞です!!


 


これは、予想通り、いや、予想以上に素晴らしいショーでした。


鍛え上げられたパフォーマンスはもちろんすごいのですが、


水が現れたり、突然消えたりする、あの装置に圧倒されます。


 


一体どうなってるんだろうね?





ショーの余韻に浸りながら部屋に戻り、明日からの2泊3日のツアーの準備。


 


朝4:30にお迎えが来るので、今日は早く寝ないとね。


 


 

スポンサーサイト



* Category : 2014年6月 ラスベガス&グランドサークル

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する