FC2ブログ

旅と徒然なる日々

ラスベガス旅行記 ⑲ Lower アンテロープキャニオン




ものすごく楽しみにしていたアンテロープキャニオンです。




Upper と Lower、 つまり上流と下流の2か所あるのですが、


こちらのツアーでは両方訪れることができます。



まずは、Lower から。


 


 


Img_9105


ここも、特に大きな看板やお土産物屋があるわけでもなく、


ちょっとした小屋があるだけです。




でも、アンテロープキャニオンは入場料が必要です。





 



 



 



 



アンテロープキャニオンが、人気の観光スポットになったのは


ここ数年らしいです。


 


 


セドナも同様に、日本のテレビでかなり大きく取り上げられて


その神秘的な自然の造形に魅了された日本人がたくさん訪れるようになったらしいです。


 


意外と、アメリカ人には知られていないらしいですよ。





Img_9106ここは、ナバホの土地なので、それぞれにグループにナバホのガイドさんが付かないといけないのですが、ネバダ観光のガイドさんは、Lowerに限っては、ナバホのガイドさん無しでもOKという許可をもらっているそう。



ナバホ族は、日本人とよく似ているので、ガイドの相沢さん、


よくナバホ族だと間違えられるそうです。




駐車場から少し歩いて、入口へ。




Img_9107


こんな工事現場のようなハシゴで中に入っていきます。





 


 


 


 


 


 


入る前に、ガイドの相沢さんから


「まるでプロのカメラマンのような写真が誰にでも撮れます。


カメラの設定を変えるんです。


”日影モード” っていう設定にすると、美しい写真が撮れるんですよ。」


と教えてもらいました。


え?


そんな設定あるの?


とみんながモタモタしていたら、相沢さんが全員分のカメラの設定を


「日影モード」 に替えてくれました。



さすが、できるガイドさんです。




違いを比べてみましょう。


こちらは普通モード


Img_9119 


まあ、これはこれでキレイではありますが、


ざらざらした岩肌が見えて、美しくはありませんね。


 


 


 


 


 


 


 



Img_9118 「日影モード」


で撮影すると、ほら、まるで琥珀のような柔らかな色合いになるでしょ?


 


すごいでしょ~?



では、これからLower の奥へと潜入していきます。


 


 



 




Img_9113







鉄砲水によって浸食されてできた自然の彫刻。






あまりの美しさに圧倒されます。













 


 


 


 


 


 


Img_9115 





















普通、写真じゃあ、この感動は伝えられない、


目で見たものの、半分も伝わらない、って思うじゃないですか。


でも、アンテロープキャニオンは、写真のほうが美しく見える


不思議な場所です。


もちろん、肉眼でも、美しいですよ。


でも、写真だとよりその陰影や断面のスジや色合いが強調されて


さらに崇高な感じになるんです。


それで、楽しくてどんどん写真撮っちゃいます。

 


Img_9125




グランドキャニオンやモニュメントバレーなど


「ワイド」


なところが多くて、当然「横向き」


の写真ばかりだったのですが、


アンテロープキャニオンに来てから俄然


「縦方向」


の写真が多くなりました。







 


 


 


 


 


 


 


 


 



Img_9112_2



Lower
の特徴は、


 


「狭い」

「アップダウンが多い」




こんなハシゴを登ったり下りたり…

















 


 


 


 


 


Img_9128




身体よじらないと入れないようなところがあったり…


 


ちょっとした冒険気分を味わえます。



























 


 


写真だと私たちのグループだけしかいないかのように見えますが、


じつは結構混雑しています。


細い一本道を行くので、前の人が写真なんかで止まってしまうと


後ろの人は待たなくてはいけないし、


写真に人が入らないようにしようと思うと、かなり角度を工夫しないと


人だらけ~


ってことになっちゃいます。



Img_9124 





この滑らかな曲線の世界にいると、ものすごーく癒されて


 


身体の中が浄化されていくような気がします。


 


 


 




Img_9136




ずっと狭い洞窟を歩いてきて、最後にちょっと広いところに出ました。


 


 


 


そこには太陽の光が真上から注ぐ、


大きな


「ビーム」が。



そこで撮った一枚。



















お父さん…


天国に昇って行きそうなんですけど…


 


まだ逝かないで~~~~!!!!



Img_9141




最後は、このハシゴを登って、明るいところへと向かいます。

























 


 




Img_9142





こんな大地の裂け目みたいなことろから、地上に生還いたしました。






 


 


 


 


Img_9143 


 


この中を鉄砲水が流れて、あの不思議な造形ができるのね~。


 


 


 


7月~9月くらいの雨季に数回鉄砲水が来るそうです。



夏休みの時期は雨のためにクローズすることも多いようですよ。


















 


 


 


では、次は Upper へと向かいます。


 


 

スポンサーサイト



* Category : 2014年6月 ラスベガス&グランドサークル

* Comment : (2) * Trackback : (0)

待ってました~アンテロープキャニオン! * by melody
待ってました~アンテロープキャニオン!
プロカメラマンじゃなくてもこんなに素敵な写真が撮れるなんて。
ご両親もきっと感激されたことでしょうね。
今回のえびふらいさんのルート、とっても魅力的なので是非家族旅行で
行きたいな、と。以前グランドキャニオンを訪れた時、娘は1歳で記憶ゼロ(笑) 
中学生になった今ならアメリカ大自然の壮大さを感じてくれるんじゃないかなぁ。
でも部活部活の日々で旅行の時間を作れるのか...難題です(ー_ー)!!

☆melodyさんへ * by えびふらい
☆melodyさんへ


そうなんです、設定を「日影モード」にすると、誰でもこんな神秘的な
雰囲気の写真撮れちゃうんです!

ご家族でレンタカーで回ったら楽しいでしょうね~。
私ならキャンピングカーがいいな~~~。
ご家族なら、モニュメントバレーで乗馬ツアー行ってくださいね☆


中学生になれば、自然のすごさとかわかってきますよね。
部活の予定など折り合いつけて、行けたらいいですね~。


もし、melodyさんも、アンテロープキャニオン行くことになったら
カメラの設定、「日影モード」確認してみてくださいね♪








コメント









管理者にだけ表示を許可する

待ってました~アンテロープキャニオン!
待ってました~アンテロープキャニオン!
プロカメラマンじゃなくてもこんなに素敵な写真が撮れるなんて。
ご両親もきっと感激されたことでしょうね。
今回のえびふらいさんのルート、とっても魅力的なので是非家族旅行で
行きたいな、と。以前グランドキャニオンを訪れた時、娘は1歳で記憶ゼロ(笑) 
中学生になった今ならアメリカ大自然の壮大さを感じてくれるんじゃないかなぁ。
でも部活部活の日々で旅行の時間を作れるのか...難題です(ー_ー)!!
2014-08-08 * melody [ 編集 ]

☆melodyさんへ
☆melodyさんへ


そうなんです、設定を「日影モード」にすると、誰でもこんな神秘的な
雰囲気の写真撮れちゃうんです!

ご家族でレンタカーで回ったら楽しいでしょうね~。
私ならキャンピングカーがいいな~~~。
ご家族なら、モニュメントバレーで乗馬ツアー行ってくださいね☆


中学生になれば、自然のすごさとかわかってきますよね。
部活の予定など折り合いつけて、行けたらいいですね~。


もし、melodyさんも、アンテロープキャニオン行くことになったら
カメラの設定、「日影モード」確認してみてくださいね♪







2014-08-08 * えびふらい [ 編集 ]