FC2ブログ

旅と徒然なる日々

ラスベガス旅行記 ⑳ Upper アンテロープキャニオン





さあ、次は上流の方、Upperキャニオンにやって来ました。


こちらは予約制のツアーとなっています。


出来るガイドの相沢さんは、太陽が一番高い時間、


つまり正午のツアーを予約しておいてくれています。


ここも特に看板もなく、お土産物屋もなく、小さな小屋があるだけ。


そこで待っていると、名前を呼ばれて、車に乗り込みます。


私たちのナバホのガイドさんは、日本語を勉強しているという


陽気なオバチャン。



Img_9144




こんな車で砂漠の中を走ります。


10分くらいでしょうか。


当然、ものすごく揺れて振り落とされそうになります。


ここでも 「ナバホ式マッサージ」 と、みんなで盛り上がりました。






 


 


ところが…


 


途中で車がストップしてしまいました!!


うんともすんとも動かなくなってしまい、しかも、ここ、どうやら携帯が


通じないらしく、助けを呼ぶことができないんです。


 


なので、運転手兼ガイドのおばちゃんが、


後からやって来た車に乗り込んで、一度その車の客を降ろしたら、


その空の車に乗って、戻ってくると言って、行ってしまいました。



私たち、砂漠の中で取り残されてしまいました…。



待てども待てども車はやって来ません。


もしかして、忘れられちゃった?


んなわけないよね。


もしかして、お茶してからくるのかな?



なーんてみんなで話していたら、結局、別の車が迎えに来てくれて、


事なきを得ました。




Img_9145



Upper は Lower


と違って、広く開けています。




まるで、エジプトの神殿の入り口みたいです。








 


 


 


 


 



Img_9149


 





時間は正午。


ちょうど夏至のころ。


太陽が一番高いとき。



美しいビームが降り注いでいました。


 


 


そうそう、こういうの見たかったの~!!




 


 


 


 


 


 


 



Img_9148_2





ガイドさん、巧みな日本語で


「カメラカチテ」



と、絶妙な写真を撮ってくれます。


 


どんなデジカメも、スマホ、i-pad、


なんでも使いこなして、てきぱきと自分のグループの写真を撮っていきます。



写真撮ったら、


「ソコドイテ」


「アッチイッテ」


「ソコデマッテテ」



他のグループが団子になっていて、写真に写り込みそうなときは


「 MOVE!! GO GO GO!!」


と厳しく指導。









Img_9155_2


 








「カメラカチテ」


「ソコタッテ」


「テ、コウヤッテ」



指示通りにしたら、こんな写真になりました。

















Img_9154


 


同じ場所、同じカメラで撮ってもらった写真なのに、なぜ、父にはこんなに光が集まるの…?




服が白いから?


























では、しばし、Upperアンテロープキャニオンの


「ビーム祭り」 お楽しみください。


Img_9150_2


































 


 


 


 



Img_9157_2



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 






Img_9162_2


























 


 


 


 


 


 


 


 



Img_9164














 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 




Img_9170
































 


 


 


 


 




Img_9158









ハート

































 


 


Img_9179


 


 


 


 


奥に見えるのが


 


「キャンドル」




























 


Img_9181


 


 













キャンドル


























Img_9167








お父さん…


やっぱり神々しく輝いております…。



























アンテロープキャニオン、 ほんとに感動でした。



思っていたよりは規模は小さいのですが、


その美しさは想像を超えて素晴らしかったです。


今回、Upper と Lower と両方いくことができたのも良かったです。


ただし、それぞれに入場料がかかりますし 


(私たちは、もちろんツアー代に入っているので、いくらなのか


知らないのですが…) 


両方行く時間がない! っていう方もいらっしゃると思います。



もちろん、それでも両方行かれることを強くおススメしますが、


もし、どっちか??? って言われたら、


私は個人的には やっぱり 「神秘のビーム」 を たくさん


見ることができる Upper かなぁと…。




でも、Lower の 探検気分でキャニオンを回るのも楽しいし、


どっちもいいです。


 


でも、やっぱり両方行くといいです!!!

スポンサーサイト



* Category : 2014年6月 ラスベガス&グランドサークル

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する