FC2ブログ

旅と徒然なる日々

台湾女4人旅 1 羽田から松山へ

4人旅ですが、私えびふらいとキャンディ、コロンとモカと別の飛行機です。


 


えびふらい・キャンディ組 JAL097 羽田8:35 ⇒ 松山11:40


コロン・モカ組 スクート航空 成田11:45 ⇒ 桃園14:45


 


なので、私とキャンディは一足早く台北に到着して、コロン・モカ組とは、ホテルで待ち合わせです。


 


 


羽田8:35発なので、6:30くらいには羽田に着きたいので、


最寄の羽田行バス亭には、5:20集合。


 


バスの中でもうっきうきでしゃべりたくて仕方ないんだけど、早朝のバスだし


周りの方にご迷惑なので、ここはグッと我慢して小一時間、寝ます。


 


私は、羽田の国際線は、夏休みのタイ旅行に次いで2度目。


新しくてきれいで、天井高くて広々としていて、いいわね~。 



キャンディ家は、JALの上級会員様でいらっしゃるので、エコノミークラスだけど


グローバルクラブのカウンターでチェックイン。


 



カウンターの方が


「えびふらい様、キャンディ様、お席がバラバラでございますが、よろしいでしょうか。」


「ええ~~~??


そんなのやだやだやだ~~~~」


と駄々をこねたわけではないのですが、


「できれば並び席があればお願いしたいのですが…」


と、申しましたところ、パソコンカチャカチャカチャ


 


「では、プレミアムエコノミーのお席で並び席ご用意できました。」


 


さっ、さすがだわ、グローバルクラブ、恐るべし。


 


そして、普段は決して入ることができない、憧れの「サクララウンジ」へ♪


 



こちらはダイニングルーム。


ここからは飛行機や滑走路は見えません。


上階にはゆったりソファの展望ラウンジがあるみたいでしたが、


私たちは、ここで朝ごはんをいただいて時間までのんびりさせていただきました。


 


 


朝なので、当然ですが、朝食メニューが並んでいます。



サラダバー


 



和食のおかず。


この横に、ご飯、お粥、お味噌汁があります。


 



私は洋食のコーナーから、スクランブルエッグやソーセージなど。


スクランブルエッグがトロトロでおいしい。


スープは、トマトクリームとオニオンと2種類あったので、両方少しずついただきました。


どちらも濃厚でとてもおいしかったです。


 


パンは、メゾンカイザー。


小さいクロワッサンは、さっくさく♪


 



ドリンクコーナーは、生ビールや日本酒、ワインやシャンパンも。


お酒飲める人は、ここで朝からシャンパンで旅気分盛り上げるなんていいですね。


 


 



席にはそれぞれコンセントがあるので、ぎりぎりまで充電OK.


キャンディは、ここでコンセントさすときに、隣の机の角に頭ぶつけておでこ陥没してしまいました!


気を付けましょう。


 


 


さあ、時間になりましたので、ゲートに行きましょう。


 


私がもたもたとエコノミーの列に並ぼうとすると、


キャンディは手慣れたもんで、優先搭乗の列にすい~っと。


そうか、上級会員様は、いつも優先搭乗なのね。


 



定刻通りの出発です。


 



席はプレミアムエコノミー!!


2-4-2配列です。


 



エコノミーは 3-4-3.


プレエコは広々ですね~~~。


キャンディのおかげです。


 


この機材は、古いタイプなので、テレビはタッチパネル方式ではなく、


手元のリモコン操作。


プレエコ席は、手荷物は前の席の下に入れることができなくて、すべて上の棚に入れなければなりません。


それはちょっと不便だったな。


まあ、短時間のフライトなのでいいけどね。


 



機内食は、お弁当スタイル。


おいしそうですが、台湾に着いたら、食べまくらなくてはならないので、ここでお腹一杯にしてはいけません。


ハーゲンダッツだけいただきました。


 


たった4時間のフライトなので、映画を見ながらうつらうつらしていたら、あっという間に台北到着。


実際には3時間半の飛行時間で、11:40到着予定が、11時前には到着。


 



この魔法のタグのおかげで、荷物が一番に出てくるので、サクッと荷物をピックアップ。


 


 


出てすぐのところに2軒銀行が並んでいます。


そこで、3万円ずつ換金。


イメージは 1元=3円 だったので、9000元くらい来ると思ったのですが、


手数料など引かれて、手元に来たのは7600元…。


今は、1元=4円なんですね…。


 


 


小さい空港なので、タクシー乗り場はすぐにわかります。



 


タクシーでホテルに向かいます。


タクシーの運転手さんに見せる用に、この三日間行くであろう店などは、すべてプリントアウトして持参しています。


ホテルは、英語名も付いていますが、台湾名漢字名じゃないと通じません。


運転手さんは、住所を見れば、大体の場所はわかるので、漢字の住所を大き目フォントでプリントアウトしておくことを


お勧めします。


ガイドブックの文字は小さすぎて、運転手さん、読めないこと多いのよ。


中には虫眼鏡持ってる運転手さんもいましたけどね。


(単語帳などに、漢字で大きい字で店や住所を書き写していくといい、という話も聞き、


やってみようと思いましたが、漢字が難しすぎて無理でした…。)


 



松山空港からタクシーで約20分。 170元(680円)でホテルに到着。


すいすいと事が運んだので、11時前に飛行機が空港に着いて、11時半過ぎにはホテルに着いていました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 

スポンサーサイト



* Category : 2015年1月 台湾

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する