FC2ブログ

旅と徒然なる日々

台湾女4人旅 19 京鼎楼

昨日のテレビ東京「男子ごはん」 台湾特集でした。


実は、私たちが士林夜市にいたとき、そのロケと会ったんです。


美食広場近くを歩いていたら、前から カメラ・照明・音声さんなどのいわゆる


「テレビ大名行列」がやってきて、何かと思ったら、真ん中に国分太一がいました。


その横に誰かいたけど、誰だろう???現地のガイドさんか????


と思って、歩いていたら、また美食広場で大名行列をお見かけしました。


その時は、国分太一はいなくて、もう一人の男の人だけ。


 


うーん、なんか見たことあるようなないような…?


 


あっ!!!


栗原はるみの息子さんだ!!!


あっ!!!


男子ごはんだ!!!


 


ってことで、放送を楽しみにしておりました。


お2人とも、「うまっ!!!!!」 って美味しそうに食べるのよね~~~。


特に、「魯肉飯」 と共に食していた 「鶏肉飯」 がおいしそうで…。


見てたらまたすぐに台湾に食べに行きたくなっちゃったよ。


来週も続くみたいなので、楽しみです。


 


 


と、前置きが長くなりましたが、 最後のお昼ご飯は小龍包です。


台湾に来たからには、「小龍包に始まり、小龍包に終わる」 でしょう。


 


鼎泰豊の他にも小龍包の有名店はたくさんあるのですが、


最後にチョイスしたのは、『京鼎楼』


鼎泰豊から独立したお店で、評判も悪くない。


空港に行く時間も考えて、ホテルから近い店ということで、こちらにしました。



中山駅近くの繁華街の中にあります。


 



職人さんが、せっせと小龍包を包んでいます。


結構若い職人さんもいらっしゃるけど、一体どれくらい修行を積むと、


あの薄い皮を、美しいひだを寄せて巻き上げることができるようになるんだろう?


 



注文したのは、奥から、普通の小龍包、この店の名物の烏龍茶小龍包、


もちろん空芯菜も。


緑の烏龍茶小龍包は、口の中にお茶の香りが広がります。


 


あとは、キャンディが夢にまで見た酸辣湯も!!



洗面器くらいの大きさの丼で出てきちゃったから、食べきれるかしら~?


と思いましたが、これがおいしいのなんのって。


4人でわけて、あっと言う間に完食しました。


 



小龍包は、正直言って、鼎泰豊の方が上だと思いますが、


何と言っても、酸辣湯が秀逸でした。


(今度、鼎泰豊でも食べてみたい。 ちなみに高島屋の鼎泰豊の酸辣湯は「フツー」です。)


 


ここの酸辣湯は、すっぱいって感じではなく、程よく酸味もありつつ、コクがあって


でもさっぱりしてていて、いくらでも行ける感じです。


具材の中に、赤黒いものを発見。


食感は豆腐、色はレバー。 味はほとんどしないような、ちょっと苦みがあるような…。


何だろうと思って、帰ってから調べたら「鴨血豆腐」 


まさに、レバーと豆腐ですね。


この鴨血豆腐のおかげなのか? あの独特の風味は、今までの私の酸辣湯はなんだったの?


と思わせてくれる感動をもたらしてくれました。


 


キャンディは、人生初の酸辣湯に超感動していましたけど、


最初がこれだと、今後、日本で酸辣湯食べても、ハードルが高すぎて困っちゃうかもしれないね。


 


 


食後、私が預かって共財布に入れていたお金を精算しました。


最初、1人1万円分、2500元ずつ預かりました。


初日の夜から、2日目丸一日、3日目のお昼まで、 


今いる京鼎楼での食事代800元(3200円)を引いて、


財布の中の残りがちょうど400元。


100元(400円)ずつ返金しましたので、要するに、3日間でちょうど4万円でした。


4人で 


5食分+間食+入場料など+全移動タクシー  


九份タクシー往復2000元(8000円)も入れて、あれだけいろいろ食べて


3日間で1人1万円でした。


 


4人で改めて、台湾の安さに感動。


 


(ここの支払いは、800元だと思ったら、サービス料10%追加だったので、


1人20元ずつ再徴収しました…。)


 


 



ものすごくお名残惜しいけど、コロンとモカとは、ここでお別れ。


 


キャンディと私は、ホテルに戻って、スーツケースをピックアップして、空港に向かいます。


コロンとモカは、明日の早朝のフライトなので、これから朝まで?スパークするみたいです。


 


 


 


 

スポンサーサイト



* Category : 2015年1月 台湾

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する