FC2ブログ

旅と徒然なる日々

バンクーバー語学研修


中3の息子、ティガーが、バンクーバー10日間の語学研修に行きました。


 


学校の希望制の研修ですが、同じ学年から約3分の1が参加しています。


 


現地では、郊外のお宅にホームステイをして、バスと電車を乗り継いで


ダウンタウンの語学学校に通います。


 


自力でバスや電車に乗ったり、買い物に行ったり


語学学校で世界中から来ている学生さんとお話したり


なんといっても、ホームステイでホストファミリーとのふれあいを


楽しんできてほしいと思います。


 



新品のLサイズのスーツケース。


23キロマックス詰め込みました。


 


気になるホストファミリーですが、


70代のお父さんと50代のお母さんのご夫婦で、


17歳の女の子の中国人留学生がいるそうです。


 


ティガーは、同じ年くらいの子どもがいるファミリーに行って


一緒にゲームしたり、遊んだりするのを期待していたので、ちょっぴり残念そうでした。


 


子どもがいないので、仲良くなるとっかかりとして、どうしたらいいかを考えて


「卵焼きを作る」 ということにしました。


卵焼きなら、カナダの方も喜んで食べてくださると思うんです。


 


卵焼き器、フライ返し、ダシ醤油、ごま油(我が家は卵焼きはごま油で焼きます)


ダシ醤油用の計量スプーンまで用意しました。


 


ティガーは普段から結構作っていましたが、再度練習を重ね、なんとかごちそうできる


レベルにはなったかな。


 


あとは、世界中どこでも大好評の日本のカレー。


レトルトカレーとパックご飯も持ちました。


 


「May I use kichen? 


I would like to cook Japanese style omlet and Japanese style curry.」


 


ぶつぶつつぶやきながら重たいお土産をスーツケースに詰め込んでおりました。


 


あと、お土産としては、手芸達人のおばあちゃんが作ってくれた


ニットのネックウォーマーを、パパさんとママさんと留学生さんそれぞれに、


着物生地で作った小銭入れもいくつか。


喜んでいただけるといいんだけど。


 



最後の最後まで、クレンとのお別れを惜しむティガー。


 


ホストファミリーとの話のネタに、写真を持っていくといいと言われたので


どんな写真がいい? とティガーに聞いたら


「クレンちゃんだけでいい」


 


はあ?


 


アルバムに勝手に家族写真もぶち込んでおきました。


 


 


ついさっき、「着いたよ」 とラインがありました。


「ホストファミリーさん、めちゃくちゃ良い人!!!!!!!」


 


きっと、いろんな経験をして、ちょっぴり成長して帰ってくることでしょう。


10日後が楽しみです。


 

スポンサーサイト



* Category : 徒然なる日々

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する