FC2ブログ

旅と徒然なる日々

ホーチミン 20 買い物編 チョロンでカゴバッグ

ベンタイン市場でお買い物して
近くのカフェでちょっと休憩。
ここでトイレも済ませてから
バスでチョロンに向かいます。


バスターミナルは、市場の真ん前なんですけど、バスターミナルに行くためには、車とバイクがガンガン走る大きな道路を横断しなくては行けません!

これが、この旅で一番大変だったことかも。


片道2車線だとおもうんだけど、
おびただしい量の車とバイクが折り重なって走ってるから、何車線かもわからない。
 
あっちからもこっちからも来るから
タイミング掴めない。


でも、ここ渡らないとバスターミナル行けないから必死よ。


とりあえずなんとか真ん中まで行って
(真ん中にいても、バイクがはみ出してくるから、安心できないけど)
そこからさらに頑張って渡りきりましたー!


無事道路横断して、ホッとして
バスターミナルに行くと、すぐに目的の「1番バス」発見。


1番バスに乗ると終点がチョロン。


料金は前払いで、日本のバスと同じように料金箱に入れます。


料金は、5,000ドン。
25円です!

そりゃ、スリッパの交渉で30円でもまけらないよね。
30円あればバス乗れるんだから。


バスは日本の路線バスと同じような感じで、きれいだしエアコンも効いてて快適。


バスに乗ると、地元の方の暮らしぶりが感じられますね。


若い男の子は、必ず女性に席譲ってくれます。

スマホ使ってる人はほとんどいません。

一番驚いたのは、地元のみなさん厚着!!
4月は一年で一番暑いってことなんだけど、裏起毛の長袖パーカーとかネルシャツとか着てるの。

排気ガスもすごいから
キャディさんみたいな帽子と柄物マスク、手袋、フリースジャケットとか。

バイクならそのいでたちもわからなくもないけど、普通に真冬テイストなのよ。

見てるだけで暑苦しい!


でも、みんなそうだから、それが当たり前なんでしょうね。



そんなホーチミンの日常やローカルな景色を楽しみながら、約30分でチョロン到着。



目的のお店「チートウ」は、バスターミナルの真ん前にあるので、すぐにわかります。








お店に入ると、何人かのやる気ないおばあちゃんがソファーに寝っ転がりながら、砂嵐の向こうにうっすらと画面が見える有り得ない画質のテレビでドラマ見てます。


接客は一切無し。
山積みのバッグを勝手に物色します。




このお店に行くために軍手持参です!
手真っ黒になるって聞いてたし
重なったカゴを引っ張り出すときにネイルはげちゃいそうだし。

2人で真剣に発掘します。


でも、一番上にあった
新しいデザインで持ち手が革っぽいのが断然良かったです。


購入したのはこちら!



大きい方が150,000ドン。
小さい方が80,000ドン。


大きい方は750円、小さい方は400円です!




日本だともっとシンプルなのでも
3,000円はしそう。
それに、デザインもかっこいいし、革っぽい持ち手とふたもいい感じ。
作りもしっかりしてて、サイズもちょうど良く、普段に普通に使えます。


これ、750円だよ?


小さい方は、クレンのお散歩バッグに使ってます。



こちらは400円。



このバッグでお散歩してると気分上がるわー。



帰りは、バスターミナルに入るとズラッとバス並んでるので1番バス探します。




係員さんが、日本人見ると
「1番バス乗れ!」みたいに指示してくれます。


またバスに乗って、ベンタイン市場まで戻ってきて、そこからタクシーに乗ってランチに出かけました。


めちゃくちゃ有意義な午前中でした。




ホーチミンでカゴバッグ買いたい方、

ベンタイン市場の前のバスターミナルから1番バスに乗って、ホーチミンのローカルな雰囲気味わいながら、
チョロン行ってください!
(軍手必携!)


ドンコイ通りなど街中の半額くらいの値段で買えます。

「チートウ」は、大きさやデザインによって値段決まってるようで、
ディスカウントはしない様子。


カゴバッグといっても安っぽくないし、でも安いし、みんなに羨ましがられます。

もっと買ってくればよかったかしらー。









スポンサーサイト



* Category : 2016年4月 ホーチミン

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する