FC2ブログ

旅と徒然なる日々

親孝行旅行

夫の両親は長年の夢だったと言うヨーロッパ旅行へとうとう行くことになった。


けど、ツアーだと自分が行きたいところに行けるとも限らないし、体力的にも全てをこなすのは難しいかも。


と言うことで、私がツアープランナーとして計画して、夫がツアーコンダクターで一緒に行くことになった。


母が行きたいのは、とにかくパリ。ルーブルに行きたいらしい。あと、山好きだからスイスの山も見たい。


父はそこまでの強い希望はないけど、いろんな美術館を巡ったり、のんびりとヨーロッパの雰囲気を味わ               


いたいらしい。


というわけで、大体の予定としてはパリinで、 パリではルーブルとベルサイユは絶対行きましょう。


TGVでスイスに移動。


ツェルマットでマッターホルンを見る。


ミラノに移動。ミラノではもちろん最後の晩餐は見たいね。


ベネチアも観光して、となかなか充実の内容ながら、3都市のみだし、それぞれ2~3泊ずつ。


移動時間は長いけどヨーロッパの電車は景色も楽しいし、居心地も良いのでそれほど疲れないでしょう。


航空券は、頑張って貯めたJALのマイレージを使うことに。ヨーロッパまでは55000マイル。                         


なんと二人分も貯まっていた!さらには、ちょっと前に1万マイルを1万5千円分のJALの商品券に


変えてくれるキャンペーンをやっていたので、端数は4万5千円分の商品券に換えてあった。


夫のチケットは、それを使えば、チケット代はほとんどタダ同然となる。


今は燃料サーチャージなるものが高いので、三人分ともなるとそれだけでも9万円近くなるんだけどね。


自分が行くわけじゃないんだけど、旅行の計画を考えられることだけでもワクワクしちゃう私。


やっぱり病気かな。


 

スポンサーサイト



* Category : 2006年秋 ヨーロッパ 夫と両親の旅 

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する